ITおやじの独り言

失敗から得られた「知恵」

​システムを更改するには、社内のSEらの協力が不可欠ですが、そこには越えられない山が存在します。その解決策を提案します。
​システムを更改するには、社内のSEらの協力が不可欠ですが、そこには越えられない山が存在します。これをどう解決すべきかを考えます。
システム構築を進めてゆくと、必ず開発費用と期間が膨張します。その原因は、泣く子と地頭(有力者)の意見尊重です。これをどう防ぐかが課題です。
「同業者が○○システムを導入した」とか、当社でもロボットを導入したいなど、システムありきで導入を検討していたら、黄色信号です。
せっかく高いお金を払ってシステムを構築するのだから、あれもこれも叶えてほしい気持ちは分かりますが、ちょっと待ってください。
システムを構築する際に、網羅的な機能を最初から実装しようとする傾向が見られますが、実は、大きな落とし穴になるかもしれません。
いろいろと意見の相違や考え方の違いが発生した場合、なんとか穏便にと考えてしまいがちな日本人。これではプロジェクトはうまくいきません。