泣く子と地頭に従うべからず

「泣く子と地頭にはかなわない」という諺があります。しかし、システム構築ではそれらに従ってはいけないというお話です。
泣く子と地頭とは、「現場の声」であり「現場の長の声」を指します。システム化が決まり、システム化の目的を設定し、要件定義(システムにどんな機能を盛り込むか)を決めて詳細設計(プログラムの設計図)を作るのですが、ここでユーザーが参加すると、現場から様々な要求が出てきて、仕様が膨らみ、予算超過、開発期限の延期が発生します。それだけだと良いのですが(本当は良くない!)、現場の意見を聞きすぎた結果、本番稼働後に「こんなに複雑な操作だと仕事にならん!!!)などと、本当の担当者からクレームが来る始末。結局「使えないシステム」と烙印を押され、そのままお蔵入り。投資自体が無駄になる。ということが発生します。
 
なぜそうなるのでしょうか。
多く現場担当者はエクセルやアクセスを活用して、自分なりの合理化を行っています。だから、自分流のこだわりを持ち、自身の作業との整合性を重視します。つまり、現在の仕事のやり方を維持しようとする心理が働くのです。逆に、今まで苦労していた点を、この際すべて解決したいと思い、過度な自動化の要求をしてくる場合もあります。これも、自分の仕事を中心に考えての行動です。
このような要求を全て叶えることは、システム全体の目的や目標を見失うばかりでなく、冒頭に書いた通りの破局が待っているのです。
では、どうすればよいのでしょうか。
一番大切なのは、システム化の目的、価値を共有することです。決して今行っている仕事をそのまま自動化することが目的ではなく、本来の目的を共有し、その目的を達成した場合のメリットを自分事として理解してもらうことです。
そのためには、現場との対話や会議を適切に開催し、本来の目的に合致した要求を上手に救い上げて、さらなるブラッシュアップして新システムの成熟を図ります。さまざまな発言を単に現場のわがままであると切り捨てることなく、要求自体が目的に合致しているか評価することが重要です。現場も生産的な意見を取り入れてもらえるなら、モチベーションもアップしますし、その後のシステムテストへの参加意識も高まり、結果敵にシステムの品質も向上します。

このように、プロジェクトを上手にマネージメントするためには、セオリーやコツがたくさんあります。ITCは、現場のみなさんと共に問題の本質を整理して的確な解決方法を見つけると同時に、一緒に会議を進めることで、会議の進め方を習得し自律的にプロジェクトを推進できるようになります。
 
プロジェクトを立ち上げる時、立ち上げてからの進捗に心配がある場合は、是非、ITCにご相談ください。