社会の「うれしい」を創造する

​社会は、様々な関係者とつながり、互いに影響しあって、安心、安全な社会を築いています。安心・安全は、社会の「うれしい」の素であるとの考えで、自社の企業活動が社会に対して安心・安全を提供できる仕組みを構築していきます。
社会の安心安全に寄与してくれてうれしい
社会が求める企業が成長します。社会の求める「価値」や「目標」が会社の価値観や営業目標とマッチしているか、常に見直す必要があります。社会の求める「価値」や「目標」と整合性のある「経営理念」「ビジョン」と設定し、自社の強み・弱みを理解して、経営戦略を策定し、中長期経営計画を立てて実行する。この一連の企業活動により、社会の求める会社となるのです。
​ぜひ、ITCの戦略策定メソッドを活用して、成長する経営戦略とIT戦略の策定のお手伝いをご依頼ください。
地域が活性化してうれしい
地域の活性化は、言い換えれば活気のある会社、すなわち成長し続ける会社であり続けるということではないでしょうか。成長するには、様々な要因がありますが、社員の幸福を目指すための、業務改革・改善も大きな要因です。
早く帰宅できれば、帰りに買い物もできるでしょうし、収入が増えれば、家族でお食事の回数も増えるでしょう。
​社会に貢献できる会社をめざすことも大切だと思います。
事故が無くてうれしい
事故・事件は、ゼロにはならないですが、限りなくゼロに近づけることはできます。普段から組織全体でリスクに対する備え・対策を練る必要があります。
対策とは、発生したインシデント(出来事)を記録し、評価することから始まります。時には結果的に良い出来事と判断される場合もあります。このインシデントも重要で、もっともっと増やすことで企業の強みとなります。
小さなアクシデントも沢山発生している記録がら読み取れたなら、もしかすると、大きな事故の前触れかもしれません。原因の究明としっかりとした対策が必要です。
​このように、リスク管理を徹底すれば、事故は未然に防げます。このような仕組みを皆さんと一緒に構築して社会のうれしいの創造に協力させてください。
信頼できてうれしい
信頼にはいろいろありますが、近年情報セキュリティに関する注目が集まっています。個人情報のみならず、営業秘密の盗難やなど経済的な損害のみならず、SNSによる誤った情報の拡散、信用の失墜など、被害者にも加害者にもなってしまう可能背ががります。
情報セキュリティは、日々の教育や、会社の制度、人間関係など様々な切り口で管理・整備する必要がありますが、忙しい日々の中で埋没しがちな分野でもあります。
定期的な教育は有効ですが、時間とコストが掛かるため実行をためらうケースもあります。そんな場合は、e-ラーニングを活用するのも有効です。
ITCなら、メーカーやベンダーから独立して、最適なソリューションの提案や、導入支援を行えます。ぜひ、何でも気軽にご相談ください。