経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

ITC(ITコーディネータ)とヒポクラテス

最終更新: 2月27日

ITCとヒポクラテス。おかしな取り合わせだと感じる方も多いでしょう。


「ヒポクラテスの誓い」をご存知でしょうか。


古代ギリシャの医療集団の中の文書群の中にある、医師の倫理・任務の根幹をなす宣誓文書です。その中に「 自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。 」とあります。


私達、ITを生業にしている専門家(ITC)にも当てはまるのではないでしょうか。いや、プロとして、専門家として事にあたる全ての人の心がけだと思います。


私は、長年IT業界にいますが、専門家の立場を利用して「ヒポクラテスの誓い」に反する方もいらっしゃいました。まずは、そのような営業職や技術職の方は、目の前から消え(担当替)、そして、そんな社員を雇っている会社も消え(取引がなくなる)ていきました。


人間は弱いもので、結果を求められると、ヒポクラテスの誓いを忘れて、つい、小手先の対応に手を染めることがあります。根本解決しない事を知りつつ、取引を残すために「値引き」で引き留める。今の状況だけ少し改善すれば、後はなんとかなる…… そんな担当者、いませんでしたか?


プロは、プロの専門知識と矜持をもって活動しなければなりません。一度引き受けた事は、絶対に成し遂げなければならないのです。

でも、当初の目論見と違っている場合もあるでしょう。プロジェクトはそんなリスクを沢山含んでいます。逆に、なにも課題や問題が発生せずに完了することは皆無でしょう。


そんなとき、忘れてならないのは「ヒポクラテスの誓い」です。

当初の計画を改めた方が良いと感じながら、自分の立場を守るために状況を放置する。まさに、「害と知る選択を行っている」のです。常に自分が気づいた事は、オープンにして最善の方策を模索することが、プロとして最も大切なことだと思います。


ITに関するプロジェクトで発生する問題や課題は、人の病気と同じです。人は医療に関する知識は少なく、医者の所見に頼るしかありません。ITも同じです。ITに精通した経営者や業務担当者は稀でしょう。だから、ITCは、「独立」した立場で「客観的」に状況を分析し「最善の方策」を提示する義務があるのです。


私は、常に「ヒポクラテスの誓い」を胸に業務にあたっています。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

失敗しない情報基盤の構築とは?

情報基盤と聞いて、何を思い浮かべますか?なんだかとても難しそうで、自分の会社には関係ないと感じている経営者の方も多いと思います。 しかし、情報基盤は、すでに会社の中に必ず何らかの形で存在しています。その例が「エクセルシート」であり「ファイルサーバー」であり、「電子メール」であり「携帯電話」です。 ただ、情報基盤と大きく異なる点は、それぞれが「バラバラ」に存在し、個別に機能している点です。 それでは