経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

私、車を買いました

車は、移動手段と考えていた「私」。でも今回は、少しだけ高い車を買いました。その理由をお話します。


サラリーマンを辞めてから、車は「軽自動車」と決めていました。なんせ、維持費が安いから。

そもそも、車には「移動」が目的で、それ以外の機能は贅沢だと考えていたのです。


でも、その軽自動車を買うとき、軽自動車にも「安全対策機能」が付いた車が販売され始めていました。新しい物好きな私は、その機能の付いた車を買いました。


すると、どうでしょう。安全対策機能を付けるために増えたコスト(値段)を軽く取り返すことができる事件が発生したのです。そうです、コンビニの駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて、店に飛び込みそうになったのです。流石、安全装備。ちゃんと衝突を回避してくれました。感謝感謝です。


そんな経験もあり、次の車も安全装置の付いた車にすると決心していたのですが、購入対象の車種を「コンパクトカー」に絞っていました。

なぜなら、車は、安全にさえ走ればいいという考え方に変化がなかったのでした。


また、車は「資産」ではなくて、「負債」だとも思っていました。ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん・貧乏父さん」の本の影響です。しかし、最近、上念司氏のYouTubeの番組で「単にそのものがお金を生む、生まないで負債か資産かを判断せずに、どんな価値があるか考えるべきである」という趣旨の話を聞いて、なるほどな、と思った次第です。


車は、安全に、快適に移動するための装置であり、自分の身を守る「鎧」のようなものであるとに加えて、快適性も大切であると考えたのです。車の移動で疲れて、目的地での仕事に身が入らないのは、本末転倒です。少しでも快適に移動できることが、今の私にとって重要であると気が付いたのです。自営業は「体」と「時間」が資本ですから。

だから、少々高い車でも、その目的に沿った車種であれば、資産として活躍してくれると考えたのです。


そんな考え方の変化で、少々高い車種にすることにしました。いまから、納車が楽しみです。


車を買うときのアドバイスを一つ。


車は、車好きの個人ディーラーで購入することをお勧めします。

メーカー系のディーラーは、自社の車を売りたい一心なので、購入の相談相手にはなってくれません。個人ディーラーであれば、こちらの希望に合ったメーカーや車種の選択に付き合ってくれます。

今回、私が安心して車種を決めることが出来たのも、その方のお陰です。

もし、車を購入する予定のある方、誰に相談すればよいか迷っている方がいらっしゃれば、喜んで紹介しますよ!


30回の閲覧

最新記事

すべて表示

失敗しない情報基盤の構築とは?

情報基盤と聞いて、何を思い浮かべますか?なんだかとても難しそうで、自分の会社には関係ないと感じている経営者の方も多いと思います。 しかし、情報基盤は、すでに会社の中に必ず何らかの形で存在しています。その例が「エクセルシート」であり「ファイルサーバー」であり、「電子メール」であり「携帯電話」です。 ただ、情報基盤と大きく異なる点は、それぞれが「バラバラ」に存在し、個別に機能している点です。 それでは