経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

IT導入補助金2020に認定されました

EGsuiteのオプション群の中から、テレワークに必要な機能を選択して、割安でサービスを利用できるパッケージを「IT導入補助金」の対象商品として申請してまいりましたが、この度、認定されました。


テレワークは、Withコロナの時代を生き抜くために必要な仕事の在り方の一つです。

しかし、多くのベンダーが提唱するテレワークについて、私はかねがね疑問に感じています。


テレワークは特別な仕事の在り方ではなく、かねてから提唱されている「働き方改革」の延長線上にあると思います。

「働き方改革」は、言い換えるなら「生産性向上」のための改革です。前にも書きましたが、現在のオフィースワークは、昭和の時代から大きな変革が為されないまま放置され、生産性が低い状態のままであると思います。


その一例に、毎日オフィースに出勤してデスクワークをする習慣があります。

本来、仕事とは、成果が全てであるはずが、管理上の都合であったり、仕事量を時間で計るためであったり、社員を管理するために、今となっては生産性が悪い方法、つまり、通勤時間をかけて出社させているのです。


EGsuiteは、このような誤った仕事の概念を払拭するために開発しました。

ITにより「場所」と「時間」の束縛から解放して「自由」と「生産性」を両立させる。これこそがテレワークの本質だと考えます。


ご存知の通り、テレワークに適した職種は、営業やバックオフィースの仕事です。そういった職種には、高品質な教育と、定期的に知識レベルの評価が必要です。そういった意味でeラーニング機能は必須だと考えました。加えて、勤怠管理と進捗管理の機能も充実しています。


しかし、今までも、このような機能を有しているグループウエアーがありますし、一人当たりの経費が安い場合もあります。しかし、EGsuiteのテレワークパッケージには、その先があります。


それは、「データの利用・活用」を念頭に置いている点です。


今までのグループウエアーは、単なるコミュニケーションツールとして発展してきました。しかしEGsuiteは、あくまでERP(Enterprise Resources Planning )から派生したツールです。だから、業務をEGsuite上に構築して業務の生産性向上を図ったり、人事管理(勤怠や教育、人事考課)を行ったりできます。そして、それらの活動から発生するデータを蓄積して新たな業務開発や、さらなる生産性向上を目指すことが可能になるのです。


システム化の効果は理解できていても、中小企業の業務は、手作業で何とかなる量である場合が多く、また、様々な業務知識は、口頭で共有で事足りていると経営者は考え、システム導入を躊躇していました。

しかし、Withコロナの時代に突入して「人を集めて仕事をする」ことが「リスク」であることに気づき始め、システム導入の重要性に気づき始めたようです。

つまり、Withコロナが、IT化を求めている、「働き方改革」を求めていると言えるのです。


今般、IT導入補助金対象に認定されたことで、システムを導入時の最初の難関である「導入費用負担」を、IT導入補助金(1/2~2/3の補助)が出て、費用負担が緩和されるようになりました。


ただ、EGsuiteは、先に述べた通り、ERPから派生した商品なので、普通のパッケージとは異なり、ある程度の業務分析やIT環境の調査が必要です。そのため、ITコーディネータの支援を受けることをお勧めします。


このように、EGsuiteは、IT経営(業務をIT化して生産性向上とデータの利用活用による業務改善を通して成長する経営)を推進し、必ず効果を発揮すると考えています。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

IBMは素晴らしい会社です

私の記事を読んでくださるかたは、私がサラリーマンだった頃、あまり良い思い出がなかったように感じている方もいるかもしれませんが、それは誤解です。 私がコンピュータの「イロハ」の「イ」も知らない時、その当時、ホストコンピューターを提供して頂いていたIBMは、単にシステムを提供するだけでなく、教育の場を沢山提供して色々な知識を与えてくれたことに感謝していますし、とても楽しい思い出となっています。 社員教

人を活かすことが「働き方改革」だ

私が長年お世話になっていた銀行は、ずいぶんと早い時期から「働き方改革」「生産性2倍運動」を実践してきています。その当時、なんだか「やらされ感」ばかりが前面に出て、その趣旨を深く考えることも少なかった気がします。 しかし、実際に様々な企業様の働き方、つまり、オフィースでの人の動きをみていると、そこにいる人たちは、本当に自分の能力を活かしきっているのか、少々疑問に思う事があります。 私事で申し訳ありま