経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

これからは、知識に知識を応用する時代

最近、P.Fドラッカーの本を読み直しています。有名どころの「マネージメント」から精読し直しているのですが、よくよく考えると、ドラッカーの生涯というか、思想の系譜みたいなものを知らない事に気づき、Amazonで「ドラッカーが考えた事」中野明 著 を買って読んでみました。





そこに、「ポスト資本主義にみる知識社会に至る道程」とい章があり、とても興味深い歴史の見方だったので照会します。


資本主義とは、資本を持っている人が社会の頂点に立つという考え方です。つまり、お金を持っている人が一番偉いと言事です。しかし、そのような時代も、社会が成熟し、産業が興き、民主主義が勃興するとその社会構造が変化していきました。


ドイツではギルド制があり、生産技術は全て口伝伝承、親方制でした。しかし、18世紀の中ごろ、その技術は、情報として紙に記録され、製本され、世に広く知られるようになりました。ドラッカー的には「技術に知識を応用した時代」と呼んでいます。


その後、広まった技術で生産力がアップし、世界は大きく成長しました。しかし、蒸気機関などのエネルギー革命が起こり、大量生産が始まると、その生産性に対する改善の意識が芽生えます。仕事の生産性を上げる方法は何か?という命題に対して多くの研究者は、作業を分割し、並び替えて、最適な生産工程を見つけようとしました。これが、19世紀末からの「仕事に知識を応用する時代」です。多くの工場の生産方式が改善されたのもこの時代です。


そして20世紀後半から、「知識に知識を応用する」時代がやってきました。


これは、まさしく、「マネージメント」の時代です。生産方法を最適化する、すなわち、モノを生産する仕事を知識で改善する時代から、その工程全体をコントロールするマネージャの仕事を統括して全体を改善する時代に移行したのです。だから、マネージメントは、工場などの現場以外にも、会社組織やNPOなどの幅広い組織に有効な機能なのです。


私たちは、ドラッカーの言う「マネージメント」の考え方を学ばなければ、これか社会人として生き残れないのではないかと感じています。


その理由は、ロボットやAIが広く普及すれば、多くの仕事は、それらが担ってくれるからです。唯一人間だけができる仕事は「マネージメント」だけだと思うからです。


私が読み進めている「マネージメント」ダイヤモンド社 刊 で、特に重要だと感じた点や、感想を、これからブログにアップしていきたいと思っていますので、お読み頂けると嬉しいです。




よろしくお願いいたします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

失敗しない情報基盤の構築とは?

情報基盤と聞いて、何を思い浮かべますか?なんだかとても難しそうで、自分の会社には関係ないと感じている経営者の方も多いと思います。 しかし、情報基盤は、すでに会社の中に必ず何らかの形で存在しています。その例が「エクセルシート」であり「ファイルサーバー」であり、「電子メール」であり「携帯電話」です。 ただ、情報基盤と大きく異なる点は、それぞれが「バラバラ」に存在し、個別に機能している点です。 それでは