経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

「頭に来てもアホとは戦うな!」を読んで

人生、もっと早く知っていればな~、って思う事、沢山りますよね。


この本も、その一つです。「ずいぶん私の人生、回り道をしてきたな」「戦わない方が良かった相手と戦ってしまって、私の戦力を無駄に費やしてきたな」と、つくづく感じたわけです。


私の人生。っていうほど大げさにいう事はないのですが、私の性格からでしょう、「自分の信念を突き通すことが人生の目標である!」と勘違いてして、今思うと人生において大損していたと気づかされたのです。


信念の使い方を誤ると、とんだ羽目に陥ります。本来、協力関係でなければならない人に嫌われる。嫌われるから仕事を干される。だから、面白くない。だから現実逃避。パチンコにのめり込み、無駄に時間とお金を浪費する。こんな生活が、サラリーマン時代、かなり期間ありました。


信念は、自分の仕事を成し遂げるために使うもので、自己顕示欲の為に使ってはいけません。もしそんな言事の為に使ってしまうと、ほんと、大変な目に合います。

今は私は、そのことを自覚できていますが、まだ自覚していない人が、どんどん辛い立場に、自分自身を追い込んでいる姿を見ると、心が痛みます。早く気づいてほしいものです。


私は、若い頃、自分の能力を過信する傾向にありました。何処からくる自信だか分かりませんが、「自分ならこうする」「こうすれば必ず成功する」という自信と、「あいつには負けたくない」といコンプレックス。そんな感情が絡まって、自分の行動に表れていたのだと思います。そんな奴、だれも相手にしませんよね!そう、私でも、若かりし頃の自分とは付き合いたくありません。


今でも時々、昔の変なプライドがムクムクと涌いてくると気があります。でも、年をとったせいか、もう一人の自分がいて、客観視できるようになり、自制心で助かっていると思います。


この感覚を身に着けるために助けとなったのが、今、参加させて頂いている「倫理法人会」です。最近、コロナウイルスの影響でモーニングセミナー(朝6時から色々な人の体験談や講話を聴く会)が開催されていませんが、ここでの体験が、大きく影響しています。


自分の力で生きてきたと勘違いしていた自分。戦う必要のない人との闘っていた自分。そんな勘違い、考え違いを正してくれた「倫理法人会」に感謝しています。そして、今回の本の教えと共通点があるなと感じている次第です。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

IBMは素晴らしい会社です

私の記事を読んでくださるかたは、私がサラリーマンだった頃、あまり良い思い出がなかったように感じている方もいるかもしれませんが、それは誤解です。 私がコンピュータの「イロハ」の「イ」も知らない時、その当時、ホストコンピューターを提供して頂いていたIBMは、単にシステムを提供するだけでなく、教育の場を沢山提供して色々な知識を与えてくれたことに感謝していますし、とても楽しい思い出となっています。 社員教