​お客様の「うれしい」を創造する

価値あるサービスを迅速に提供することが、お客様の「うれしい」の素ではないでしょうか。
​お客様の「うれしい」を考え、サービス化して提供する。その一連の流れの仕組みを変えて実現しましょう。
自分に合った商品があってうれしい
お客様の好みやニーズの移り変わりが早く、常に新しい試みが求められています。そのためには、幅広い情報収集と、個人の好みの理解という両局面からアプローチする必要があります。
​新しい試みは、高いアンテナとチャレンジ精神が必要であり、今までの組織の枠を超えた取り組みが不可欠です。
​自社の常識や社風を超えて、第三者の目線を活用して、チャレンジできる組織を作ってみませんか。
気持ちの良い接客でうれしい
顧客と直接触れ合う場面は、全ての業種にあります。笑顔み満ちた職場は、来訪いただくお客様のうれしいを創造するだけでなく、職場の改善意欲も高くなり、生産性も上がります。
そのためには、ビジネスの観点や人材育成の観点、時間管理など社員の働きやすい環境を構築することが必要です。
一つ一つの施策は小さくても、少しづつ社風を社員一人一人の幸福にフォーカスして改革することが肝要だとおもいます。
対応が早くてうれしい
ビジネススピードは、それだけでも価値があります。そして、ビジネススピードは、言い換えると情報伝達と判断の迅速化です。従来のビジネスは、伝達手段が「口頭(電話)」「紙(FAX)」が主役ですが、常に「人」が介在しなければ伝わりません。だから、担当者不在で情報が滞留したり、判断者の不在により対応が遅れたりします。
​仕事の仕組みを根本から変え、企業の強みをビジネスのスピードアップで更に強くしませんか。
会社を信頼できてうれしい
ビジネスの基本は、信頼です。商品に対する信頼、企業活動への信頼、情報管理に関する信頼。どんなに素晴らしい商品でも、企業自体に信頼がなければなりませんし、その積み上げた信頼を失うのも一瞬です。
従来のからある法令順守(コンプライアンス)に加えて、個人情報保護など情報セキュリティーの充実も大切です。
なかなか投資効果の見えない分野ではありますが、事故が発生すると最悪の場合サプライチェーンから退場させられたり、高額の賠償金が発生るリスクがあります。
​まず、できることから始めることが肝要です。