経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

「IT経営の成熟度」って何??

最終更新: 2月27日

「IT経営の成熟度」とは一言でいうと、「身の丈に合ったITの導入を目指しましょう」という事です。


ITベンダーが企業のトップと面談して、お困り事を聴取したとします。その後、ITベンダーは、そのお困り事を解決する方法(ソリューションと呼ばれる場合が多い)を提案してきます。

多くの場合、「提案」は、ITベンダーが担いでいる「パッケージ」の場合が多く、その提案書には、できることのオンパレード。その結果、企業のトップの夢が広がります。


早速、部下に「○○パッケージを導入するので対応するように」を指示を出します。

部下は、パッケージの機能と実務とのフィット&ギャップを評価するのですが、パッケージが求める情報は高度で精緻で、とても現在の自社内には存在しないものばかりです。

でも、社長はシステム導入を決心しています。だから、現場は、何としても動かす事に専念します。

そして、運用を開始してみると……


大きなシステムから、小型案件まで「あるある」ではないでしょうか。つまり、パッケージは、ある程度環境が整っていたり、逆に、パッケージに全て合わせたりしなければ機能しないという事です。


また、仮に環境が揃っていたとしても、機能を使いこなせないケースもあります。「導入後に調整が必要です」と言われていたのは事実ですが、実際に欲しい情報を得ようとすると自社内の人材では手に負えず、外注する羽目に。想定以上のコストが掛かってしまうケースもあります。


システムに求められる機能は、業務の中にあります。過去の企業文化を捨てて、全てパッケージに合わせる場合を除いて、決してシステムが業務改善を達成してくれません。局所的なIT化は、かえって混乱を招く結果になる場合が多いのです。


まずは、経営者がどのような経営課題を認識し、どうありたいか具体的なビジョンを描いて、経営戦略を策定。その経営戦略を実行するためにの「業務改革プロセス」に沿った「IT戦略」を策定し、全体最適化を図りながらIT環境を実装してゆく。そうすることで、徐々にIT経営の成熟度が上がってくるのです。

パッケージは、ヘリコプターで山頂に連れて行ってくれるイメージです。しかし、結果は、当初の目的は達成できずに、社長満足だけであったというケースが多いのです。


大切なのは、企業が成長することであり、ITを導入する事ではありません。まずは、自社の仕事で何処をどう改革したいかの目標を固め、ITコーディネータ(ITC)と共にIT戦略を策定し、着実に前進することをお勧めします。




1回の閲覧

最新記事

すべて表示

失敗しない情報基盤の構築とは?

情報基盤と聞いて、何を思い浮かべますか?なんだかとても難しそうで、自分の会社には関係ないと感じている経営者の方も多いと思います。 しかし、情報基盤は、すでに会社の中に必ず何らかの形で存在しています。その例が「エクセルシート」であり「ファイルサーバー」であり、「電子メール」であり「携帯電話」です。 ただ、情報基盤と大きく異なる点は、それぞれが「バラバラ」に存在し、個別に機能している点です。 それでは