経営者支援 ITコーディネート業務効率化システム構築

  • 清水 尚志

氷見の温泉に行ってきました。


母の80歳の誕生日祝いに、11月28日に氷見の温泉に行ってきました。小高い丘に建つ温泉は、露天風呂から氷見湾を見下ろせて見晴らしがよい。

なめてはいないが、泉質は塩泉らしく、とても温まるお湯である。風呂からあがっても、しばらく汗が止まらない。体の芯まであったまる。そんな感じであった。


しかし、どうして、ひみの刺身はあんなにおいしいのだろうか。身が引き締まっている。季節柄、カニのシーズンでもある。金沢でもなかなか食べることができない、カニ。今回は奮発して、カニのお刺身を頂いた。


何年ぶりのカニの刺身だろうか。いや、10年以上食べていない気がする。カニの刺身は、とても繊細な味。ゆでガニの甘さは控えていて、とっても上品なお味。で、ねっとりとした食感は、他では味わえない。


しかし、今年はなんとお高いのだろうか。カニの値段。写真のカニで、1万6千円なり。ちょいと昔なら、1万円前後、いや、もっと安かったかも。乱獲で水揚げが減っているという説と、高値を維持するために漁にでないという説もある。ま、高くても食べたい人がいるということは、ある意味いいことだ。


ということで、夕方ホテルについて、ひと風呂浴びて、夕食。翌日朝食を頂いて、帰路についた。せわしない温泉旅行だったけど、お祝いの目的は達成した。よかった、よかった。

0回の閲覧