1.コミュニケーションベースの業務フローの構築

  • 従来のパッケージソフトは、目的業務で必要と考えられる沢山の機能が盛り込まれていますが、他の機能(システム)との繋がりを考慮していないために、全体最適化が行えないという問題が発生します

  • また、パッケージ毎に利用者に対する連絡や通知が発生するので、利用者側の負担も大きくなりがちです

  • ​EGsuiteは、統一された基盤上に企業が必要とする機能に特化したシステムを構築するので、二重入力や重複連絡を削減して、効率が良く、全体最適化されたIT環境を作る事ができます

​2.他システムとの連携を重視

  • EGsuiteは、基幹システムではありますが、給与計算や会計処理の機能を持たせる事はできません。なぜなら、定期的な法改正に対応する必要があるからです

  • 同様に、データサイズの大きなファイルを取り扱ったり、専門分野に特化したシステムを構築する事は、費用面で劣ります

  • ​EGsuiteは、それら専門システムの中心に据えて、情報を統制し、組織をまとめる業務に特化して開発すると、導入効果が早く、確実に出ます

3.組織や人事の変化に強い仕組み

  • 組織の改編や人事・役職の異動など、社内の状況が変化しますが、その都度システム更改する訳にはいきません

  • ​EGsuiteは、予め組織、役職、社員のマスタを用意し、人事異動や組織の新設等をプログラムの修正なしで、簡単に行える仕組みを用意していますので迅速に対応できます

4.パターン化された画面

  • パッケージソフトは、メーカーが違えば、操作方法が大きく異なりますし、時には同一メーカーであっても統一性を欠く場合もあります

  • EGsuiteは、パターン化された画面で設計するため、業務による操作感が統一され、習熟が早くなり、教育もほとんど不要です

5.必要に応じてヘルプ画面を表示

  • 単純な業務であっても、社外の方が利用される場合などは、ヘルプ画面が必要な時があります

  • EGsuiteは、説明が必要な画面にヘルプ画面を表示させる機能があります

  • ​この機能は、システム稼働後からでも追加・削除・変更ができますので、運用しながら変更することが出来ます

6.操作履歴が残ります

  • 操作履歴が残らないパッケージソフトもありますが、EGsuiteは、操作履歴を自動的に保管し、検索・表示することができます

  • ​これにより、不具合の特定や、事務ミスの発見など、システムを使用する際の統制が行えます

7.項目の辞書化

  • マスタに登録する様々な項目(コード)を全て辞書化(DB化)してありますので、項目の追加や、名称の変更が簡単に行えます

  • しかも、古い項目(コード)を残す設計となっていますので、新たに項目(コード)を追加する際に、誤って古いコードを登録する事を防止でき、古いデータの項目名が変わってしまう事故を防ぎます

8.メニューと権限設定

  • メニューは、必要な人にだけ表示する機能がありり、業務上のセキュリティ対策が出来ています

  • また、権限でメニューの表示や出来る内容を設定でコントロールできますので、急な権限変更も簡単に行えます

9.ITコーディネータの役割

  • ITコーディネータは、経営者の目標と企業理念を理解し、現状の改革案を作成し、あるべき姿と成果を定義する支援を行います

  • そのあるべき姿から導出される、業務改革の設計策定を支援し、IT戦略の作成を支援します

  • その支援活動には、社内の業務改革担当者の指導も含まれています

  • ​ITコーディネータは、一連の支援を通じて、社内にIT経営を担う人材と環境の整備を支援させて頂きます